眩しくて転ぶ?

最近6時には出て行くパパを見送ることなく爆睡している人和

b0080342_17300703.jpg



すっかりお寝坊さんになりました。




両親の朝食を仕上げてお散歩へ

おかーしゃん!日向と日陰が忙しいでしゅね・・・

b0080342_00473314.jpg



日陰が続くと落ち着くでしゅ

b0080342_00520577.jpg


おかーしゃん!お顔の半分があちゅいでしゅ・・・

b0080342_00564793.jpg



白線上を歩いて家路へ

b0080342_01014723.jpg



時折見せる右への斜頸が気になりますが

b0080342_01031368.jpg


頑張って歩く人和にの姿に感動してしまいます(^O^)


最近は転ばなくなっていた人和だけど

今朝は3回も転びました。


転ぶというより尻もちをつきゆっくりと倒れこむといった感じかな。

右脚がもつれてよろけた時に体勢を戻すことが出来ず尻もちをつきます。

リードを短く持っていても転ぶから
今日はもう抱っこしちゃおう
そう思ったんだけど

歩きたいのか抱っこしようとすると歩き出すから見守りながらお散歩しました。



日差しが強い場所で転んだりフラフラしたりしていたし

日陰では楽しそうに歩いている様子から

眩しくて目が利かないのかななんて感じました。



昼前に、人和が暑がり部屋をウロウロしだしたから

冷房をつけました。


するとあっという間に爆睡

b0080342_01071214.jpg

わかりやすい男です。


私も昼に30分ほど人和の大きなベッドを枕に昼寝をしたんだけど
その時に人和が私の腕や顔に鼻をくっつけてていたと母から聞きました。

私が寝返りをうつと人和も動いて私にくっついていたそうです。


冷房を入れているから扉を閉めていたんだけど
母は少し扉を開けて様子を見ていたとのことでした。

家政婦ではなく
母は見た!!
でした。

人和が私に触れながら寝ると話したことから
母も気になってしまったのか人和の動向を見ていたそうです。



午後に1時間ほど来客があったんだけど

爆睡男の人和は気づきもしませんでした。

b0080342_01193640.jpg



よく寝ている人和だけど
口が開いていたから下の前歯が丸見えに

b0080342_01223089.jpg



左下に寝かせるついでに
大きなベッドに移したんだけど

b0080342_01245895.jpg



しばらくすると床に移動


床ずれが怖いのに右を下にして寝てばかり

b0080342_01231078.jpg





なんだかんだ時間が過ぎて行き私は買い物と夕飯の支度をして
今日という一日が終了です。

今日も
人和が自分の脚で歩き(未明の徘徊を含め)
ドライフードを食べてくれて
よく眠ってくれたことに感謝。


若い犬にとってはごく当たり前のことなんだけど
16歳を過ぎた老犬のそばにいる者にとっては
そんなことが
幸せであり感謝なのです。

そして
手がかかるようになるけれど
老犬になった時こそが一番愛おしく思えるのです。

老犬のかわいさも大変さも
年老いた犬のそばにいる者にしかわからないと思います。

でも絶対に経験してほしい。
シニアの可愛さを。


にほんブログ村


[PR]
by hanatowamama | 2018-06-01 23:54 | 日常 | Comments(0)