柴犬の花・人和との日常やキャンピングカーでの犬連れ車中泊を書き記しています。          2010年 12回の放射線治療により癌に打ち勝った人和             2015年2月15日 花、永眠

by hanatowamama

2017年 02月 26日 ( 1 )

夜勤に行っていたパパが7時過ぎに帰宅し一緒にお散歩へ

おとーしゃん付いて来てるデスか?

b0080342_07095779.jpg


じゃあ行くデスよ!!

b0080342_07105748.jpg


帰宅後、寝るのかと思ったら仕事で必要なものの買い出しに。
せっかくの休みなのに寝てたらもったいないとか言ってました。

毎日がバケーションの人和は今日も朝から寝んね

家事をしているとお友だちのさっちゃんから父を心配する電話が。
気にかけてくれていることに感謝です。

電話で話していたんだけどうちにおいでよ~みたいな話になり遊びに来てもらっちゃいました。

赤ちゃんはダンナさんに見てもらい独りでバスに乗ってきました。
買い物中だった私に代わってパパがバス停近くまでお迎えに行ってくれました。

さっちゃんといろいろ話したんだけど
赤ちゃんの予防接種が予約制だったにもかかわらず3時間もかかったと聞いて驚いたり
待機児童の多さに驚愕したり。

板橋区(特に我が家の地域)は保育所の数が多いこともあり若い方たちの転入が多く
統廃合になるはずだった私の母校も存続することになったりしていたので
若い世代の家庭や子供が増えたことは感じていました。
その代わりに待機児童も増えて東京都で2番目に多いそうです。

我が家の近所には
近隣に豊富な保育施設
というのを売りにしたマンションがどんどん建ち
それが原因で待機児童が増えてしまい職場復帰できずにいるママさんも増えたという現実。

五反田の友人宅の近所に保育園を作る計画があったけど
「ここはそういう場所ではない!閑静な住宅街なのに冗談じゃない!!」
という近隣住民の反対により建設計画は頓挫したそうです。

待機児童&待機老人の問題は解決できるのでしょうか・・・
女性に働け働けというけれど保育園や介護施設に預けることができなければ
勤めに出たり職場復帰したりもできないということを実感しました。

核家族が多い故の問題でもあるのかもしれませんね。



パパが軽く人和のお散歩をしてくれて
その後みんなでさっちゃんをおうちまで送っていきました。
帰宅後にもう一度お散歩した人和でした。

今日さっちゃんに会えたと思ったら
夜にはゆうちゃんから父と私の体を心配するLINEが届いて・・・
二十数年来の友人姉妹に心から感謝です。


にほんブログ村


[PR]
by hanatowamama | 2017-02-26 22:03 | 日常 | Comments(0)